読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山らぶ

山が好きすぎて困っています。

sawa

いざ憧れの険谷へ〜台高・銚子川岩井谷遡行/往古川真砂鬼丸谷下降【中編】

(1日目の遡行内容は前編へ) 【2日目】2014.8.15 夜に降った強い雨で心配な夜を過ごしたが、明るくなって目覚めたときには雨は止んでいた。 沢の水位を見ると、ほんの5 cm程度増えているだけ。 ほっと胸をなでおろす。 寝ぼけながら回収したプリンには少…

いざ憧れの険谷へ〜台高・銚子川岩井谷遡行/往古川真砂鬼丸谷下降【前編】

ごぶさたしております。 沢シーズンの記録をぼちぼちアップしていきます。いっぱい行ったので、順番はまあ、気分で。 ひとまず、お盆の台高遡下降2泊3日から。 【日程】 2014.8.14-16 【行程】 銚子川第二発電所〜銚子川岩井谷〜稜線〜往古川鬼丸真砂谷〜…

新緑の黒倉又

5月の終わり。 下界はすっかり暑いので沢でシャワーを浴びたらさぞかし気持ちよかろうと、小滝を直登して楽しめそうな台高・本沢川の黒倉又谷へ。 さすがに5月の水はちと冷たい 夏のあんよ 寒がりなのでシャワーはできるだけ浴びない方針で歩く 沢は新緑の…

鈴鹿・矢原川不動滝で初めての大滝登攀〜寝覚めを拉致られて〜

金曜日。 黒部の翌週ということもありこの土曜日は布団にひきこもっていようと思っていたところへ、Fくんからメールが。 「あしたKNJRさんと大滝登攀行くんですが一緒にきません? 登る場所はまだ決まってないです」 いやいや、まあ沢は好きだけども私登攀と…

二日酔いの沢はじめ2014〜比良・口ノ深谷

まだ4月だけれど、下界の気温の温かさに負けていてもたってもいられず沢始め。 前日遅くまで飲んでいて、朝から慌ててパッキング。 半分眠りながらよっこらせと朽木行きのバスに乗り込む。 薄曇りで気温も上がらぬ中、残雪の口ノ深谷へ。 新緑はまだでした…

台高・東ノ川本流〜小人さんになって〜

なんだか面白そうだと思って前々から機会をうかがっていた沢。 東ノ川と書いて「うのかわ」と読みます。 今回、3連休のうち2日があいたので、大台ヶ原の駐車場に前夜泊して1泊2日で行ってきました。パートナーはみつお氏。 1日目(10月13日) 毎度おな…

タッチ! あ! GO!!!【前半】

「深山幽谷の淵を覗くとき、人は身を硬直させるほどの戦慄を覚える。そして、淵が神の座であり、淵を核とした一帯が聖なる空間であることを身をもって悟るのである。」 ——野本寛一『神と自然の景観論』より シルバーウィークは東京からハッチとみつお氏(以…

デストロイヤー・カオレ(後編)

奥美濃は板取川の川浦谷での沢登り後編です。 デストロイどころか癒やされてきゃぴきゃぴ楽しんだ話しになります。 * 翌日は川浦谷本流ゴルジュ。 トポを見ると、滝は小さいのが数えるほどしかなく、残りは長大なトロ! トロ! トロ! トロ! トロ! トロ! …

デストロイヤー・カオレ(前編)

ドドドドドド・・・ 林道に響く轟音。 あまりに狭く深い谷は、上から見下ろしても木々で覆われて見ることはできず、 ただその異様なまでに太い水の音が空までも包み、ここへ近づいてはならないと我々を威圧する。 てなわけで、奥美濃は川浦(カオレ)谷の海…

新緑まぶしい奥ノ深谷へ

さぁーーて、奥ノ深だよんっ♪ 脳裏に利尻の吹雪や白山の雪原がちらつき、上がりゆく気温に抗うように雪山の恋しさが募る。 でも、ね、にんげんいつだって、いまを生きなきゃならんのだよ。 というわけで、雪山諦めて、沢です。 未練を断ち切るのです。 去年…