読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山らぶ

山が好きすぎて困っています。

青鬼と馬目さんに出会う@八ヶ岳アイス

鳳凰三山から下山した翌日は青鬼の人たちと八ヶ岳へアイスクライミングをしに行きました。

大同心大滝なるところで登って、アイスキャンディフェスに参加するという。

ひょんなことから山岳同人青鬼の仲間に入れてもらって、ありがたいことに早速お誘いいただいたのです。

嬉しくてほいほい行っちゃいました。

……とはいえ、みなさん初めてお会いする方ばかりなので少し緊張。

 

車の中で、I田山御大から青鬼メンバーの変態っぷりについての予習レクチャーを受け、とりあえずびびりながらいざ。

 

わたしだけ縦走帰りのでかザックだけど、みんなコンパクトな荷物でしゃかしゃか歩いていかはります。

ん……、ビーコン持ってきてるの私だけ……?

これが噂に聞くLight & Fastスタイルってやつか。

「多少の荷物はボッカすればいーじゃん」くらいにしか思っていなかった私はなんとなくのろのろで、少し遅れをとってしまいました。

軽量化って素晴らしいんだろな。もうちょっと真面目にやろう。

 

そんなこんなで大滝到着。

f:id:minapo_yama:20130309132425j:plain

やたら暖かいので心配でしたが、ちゃんと凍ってました。

f:id:minapo_yama:20130309140148j:plain

滝直下は急斜面なので、バケツを掘って身じたく。やまねクラブのYさん、Sさん、Lさんも一緒に。

 

右の変態ラインを、Fぁんくさんがリード。

f:id:minapo_yama:20130309142145j:plain

こっから…

f:id:minapo_yama:20130309142439j:plain

f:id:minapo_yama:20130309142558j:plain

どきどき……

f:id:minapo_yama:20130309142622j:plain

f:id:minapo_yama:20130309142709j:plain

おおおおおおナイスランナウト!!!!!

緊張感と、気迫というか、魂みたいなものがこちらまで伝わってきて、ドキドキしました。しびれるってこういうことかぁ。

 

私もトップロープで登ったけれど、最後のとこが突破できなくてだめでした。

f:id:minapo_yama:20130309164144j:plain

核心が抜けらんない。

 

他の方々はとてもお上手でした。

Yさんは超スピードであっという間に落ち口へ。

おちゃめなSさんとTかぎあつこちゃんも華麗にクリア。

I田山御大も、落氷に悩まされつつひょひょいと。

Lさんは血をたぎらせて、中央付近のラインをオンサイト。

みんなしゅごい……。

 

登っているとき、どうやって登ろうかというのと同じくらいかそれ以上に、私だけクライミング初心者で時間がかかっちゃってごめんなさいって気が引ける気持ちが大きくて、力が足りない悔しさと相まって全然集中できませんでした。

北海道では、何度落ちても諦めずに、まだまだ! 絶対登るんだから! としがみつく図太さを発揮していたというのに、初対面の人に囲まれたとたんにこれです。

自分に言い訳を作って遠慮して気が引けてしまうの、本当に良くない。

たぶんきっと青鬼の人たちは、そんな無駄な気遣い必要としてない。

もっとまっすぐになりたいな、と思ったのでした。

f:id:minapo_yama:20130309175348j:plain

日が暮れる前に下山して、

小屋に帰ってごはんを食べたら、

f:id:minapo_yama:20130309195039j:plain

山岳救助のビデオ上映会。

遭難した方のご遺体、救助の様子などまさしく現場のそのままの有様が流れ、救助隊の方の思いが語られました。

亡くなった人間の姿は、生きている人間の姿と同じくらいに物語るものがある。

本人はどんな気持ちで亡くなっていったんだろうか、ご家族はどんな思いだっただろうか、など考えると胸がつまって涙が止まりませんでした。

改めて、山は本当に怖い。

自分のことも周りの人のことも大切にするためにも、本当に安全に気をつけなければならないと肝に銘じました。

f:id:minapo_yama:20130309205902j:plain

次はお待ちかね、馬目さんによるキャシャール南ピラーの報告!!

細くて、穏やかで、おちゃめな方でした…

強い男は優しいってさっきもSさんが言ってたな、こんな旦那さんが理想だな〜

 

とかいうのは置いといて、公開されている動画にはない登攀時の心境や装備などについても聞くことができて、すごく面白かった。

なにより、こんなすごいことをやってきた人が、目の前でニコニコしながらその様子を語ってくれているということに興奮しました。

遠い世界のような、近い世界のような、近づくことがもしかしたらできるかもしれない世界のような。

自分の作ってしまっている世界の枠が、ちょんちょんとつつかれたような感触がしました。

これからもっと世界を押し広げていこうっと。

 

翌日のアイスクライミングフェスでは、またとない機会だと思い、勇気を出して馬目さんに話しかけてみました。

キャシャールの詳しい話を聞いたり、装備やウェアをじろじろ見させてもらったり、山を本格的に始めた頃の話を聞かせてもらったり。

心からわくわくする楽しいひとときでした。

ノースのオーバーパンツが穴だらけなところだけは私とお揃いだった!

にひひ。

 

ミーハーで申し訳ないとは思いながら、一緒に写真を撮ってもらって。

なんて大らかで優しい人なんだ……。

一緒に撮った写真は、当たり前ですが、秘蔵です。

こんなとこに載せないよ。てへ。

 

東京への帰り道、I田山さんに車で送ってもらいながら、山のことをいろいろお話しました。

山に惚れ込んでただただ純粋に求めている気持ちを持ってはって、すごく共通するものを感じて、嬉しかった。

また一緒に登りたいな。

 

そのほかに、今回覚えたこと。

壱、アックスはウェアに触れたら切れるくらいぎゅいんぎゅいんに研ぐべし(by Fぁんくさん)

弐、CassinのX-dreamが素晴らしい(馬目さんほかみなさん絶賛)

参、『男はやっぱりアルパイン』(by Lさん)

 

今回は、いい出会いが盛りだくさんでした。

本当にありがとうございました。

思いを同じにする仲間を作って、

これからもっと、もっと、山と深く触れあっていきたい。